投資全般

FXトレーダーのオススメ移住先3選!!キャピタルゲイン税のないタックスヘイブンとは?

FXトレーダーが海外へ移住するなら?

オススメできる3つの国とはどこ!?タックスヘイブンは絶対!

FXトレーダーにとって、一番の問題は税金がかかるという点です。日本の税金は高い傾向にあるため、得られた利益をすべて使えるわけではありません。こうした現状を考慮して、より税金の安い国に移住する人も増えています。

この記事では、FXトレーダーが海外へ移住するならどこへ行くべきか紹介します。また、どのような理由でオススメできるのか解説します。

FXトレーダーは海外へ移住する人も多い

  • FXトレーダーにとって日本の税金は高い
  • 税金の安い国へ移住する選択肢もある
  • キャピタルゲインの少ない国がオススメ
commercial-5772300_1280

FXトレーダーにとって、日本のキャピタルゲイン税は非常に高い数字となっています。日本が設定しているキャピタルゲインは20%で、この数字を利益から抜かれてしまうのです。仮に1,000万円の利益を出した場合、200万円は税金で失っていることになります。

こうした利益を失う要因を減らしたいと考えているなら、海外移住を検討するといいでしょう。海外ではキャピタルゲインが存在しない国もありますので、これまで支払っていた税金を支払わずに生活する方法もあります。

ただ、移住する際はキャピタルゲインの少ない国、もしくは一切存在しない国を選ばなければなりません。移住先のキャピタルゲインが日本並みに多い国であれば、それは日本で生活していたほうが圧倒的にいいのです。

FXトレーダーが海外移住先として考えたい国

FXトレーダーが海外移住先として検討したい国として、オススメできるのは以下の国です。全てタックスヘイブンの国です!

  • UAE
  • マレーシア
  • シンガポール

こうした国へ行くと、日本に存在していたキャピタルゲインを排除できるメリットがあります。また、物価が安い国もそれなりにあるため、日本で得られている収入でも生活の質は劇的に変わるでしょう。

ここからは、FXトレーダーが海外移住先として考えたい国について詳しく説明します。

※タックス・ヘイブン(Tax Haven)とは、著しく税金が軽減されたりしている国や地域のことで、租税回避地と呼ばれています。

UAE(ドバイ)

burj-khalifa-2212978_1280

中東で最も発展を遂げている国、それがUAE(ドバイ)です。セレブばかりが生活している国のように思われますが、実は家賃は比較的に東京よりも安いというメリットがあり、生活しやすい環境が揃っています。

UAEは中東でかなり気温が高い傾向にあるものの、日本のように寒さを気にする必要があまりないため、慣れてしまえば寒さで苦労する必要がなくなります。また、IT先進国のため新しいシステムなどの導入により、とても生活しやすい環境を整えている傾向もあります。

ドバイがオススメできる理由

一番のメリットは、UAE のドバイでは所得税を取らない点です。もちろんFXで得た利益のキャピタルゲイン税もなく、すべて自分のものに変えられるのです。

日本ではキャピタルゲインとして20%の税金を取られてしまいますが、その20%をドバイであればそのまま自分の利益にできます。1,000万円の利益を得た場合、日本で失われていた200万円が生活費として充てられるのです。

しかし税金がない分物価は高いと感じるかもしれません。生活の質は大きく変わっていくでしょう。所得税を支払わないというだけで、非常にオススメできる国と言えます。

ただ、物価も高く家賃もある程度高いので、それなりの収入をしっかり確保し続けられる状況を作る必要があります。収入を確保できなくなると生活は厳しいものに変わってしまいますね。

有名な与沢翼さんもドバイを本拠地としていて、タックスヘイブンをうまく活用しています。

マレーシア

kuala-lumpur-1820944_1280

東南アジアでも発展している国の1つがマレーシアです。物価が安くて生活するために困らない住居が用意されているなど、近年日本からの移住先としても期待されています。

マレーシアがオススメできる理由

マレーシアもキャピタルゲインが存在しない国です。また、インカムゲインについても存在しないため、投資に関連する税金を支払う必要はありません。

UAE に比べてオススメできる点として、物価が安いという部分です。首都のクアラルンプールなどを中心に、ある程度都市として規模の大きなところはありますが、物価は非常に安くて生活しやすくなっています。日本人の平均月収でも豪華な生活ができる点も見逃せません。

また、ビザを取得するための難易度が低く、比較的移住に適しているというメリットもあります。ビザの取得は移住する際に重要なポイントとなりますが、マレーシアは比較的ビザの取得が簡単にできるため、移住するだけならそこまで難易度は高くないのです。

ただ、マレーシアで就労するためには就労ビザを取得しなければなりませんので、FXトレーダー以外の目的で移住する場合は注意が必要です。

マレーシアを利用するならラブアン法人を立ち上げよう

マレーシアへ居住する場合、ビザの取得などを簡単に実現できるラブアン法人がオススメです。

ラブアン法人は西マレーシアかラブアン島に限って住めるビザが同時に発給されます。2年間の限定的なものですが、住む場所と法人格の両方を手に入れられるのはいいところでしょう。

また、ラブアン法人は税制上の優遇制度があります。

  • 法人税が減る(商業活動をしなければ法人税なし)
  • 印紙税や管理職の所得税減税が可能

こうした税制上のメリットがあるため、ラブアン法人を立ち上げたほうが税金面でも有利に働くでしょう。

ラブアン法人スキームは現在アジアで最も税金が安いのでは?

シンガポール

singapore-1132358_1280

シンガポールは東南アジアの金融センターです。近年最も経済成長が著しい国です。日本からも旅行先として利用されている傾向がありますが、移住するという目的でも期待されている国の1つです。

シンガポールがオススメできる理由

シンガポールもマレーシアは同様、キャピタルゲイン税が存在しない国となっています。トレーダーにとっては最大限に力を発揮できる場所となっています。

また、英語が比較的通じやすい国となっているため、英語さえ分かれば生活するのは苦労しません。これはマレーシアも同じですが、特殊な言語を利用しなくても英語で生活できる国は非常に楽です。

ただ、シンガポールは開発が進んだ結果、中心地の家賃や物価の上昇が進んでおり、マレーシアより生活水準を上げられる一方、費用がかかってしまいます。ある程度の利益を確保しなければ、生活を続けるのは難しくなるでしょう。

その他、ビザの取得条件が年々非常に厳しくなっており、最低でも以下の条件を満たす必要があります。

  • 最低でも専門学校や短期大学を卒業すること
  • 月々の給料が2,500ドル以上であること(日本円で26万円以上)

この条件を満たさなければビザが取得できません。ビザの取得ができなければ、シンガポールでの生活も不可能となります。特に収入の条件は厳しい傾向があるため、ビザを取得して移住する場合、毎月の収益がしっかりしている点を示さなければなりません。

まとめ

日本で請求されるキャピタルゲイン税は、海外へ移住することで回避できる可能性があります。海外へ行けば税金面で優遇されるところは多くなっているため、より税金面での安心感を得たいと考えているなら海外移住も検討してみるといいでしょう。

ただ、現在はコロナ感染の影響があり、渡航するのが非常に困難となっています。まずは渡航できる状況になってから、どの地域で生活すると将来的に過ごしやすいのか、しっかり考えていく必要があります。

↓FXトレードで現実的に稼いで行きたいと思う方はこちらをチェック↓

【出金拒否なし?】安全性と信頼性で判断。海外FX歴8年の僕が「絶対にオススメ」できる4つのブローカーはこれ!海外FX歴7年の僕が「絶対的」にオススメする「海外FX業者4選」 日本のFXはレバレッジが低く、思っていた以上...
【スキャルピング大歓迎】スプレッドが鬼狭いスキャルピングにオススメな口座3選!XMのZERO口座はオススメ出来ない?海外FXで劇的に狭いスプレッド優良業者3選! アキシオリーとタイタンFXとトレードビューを比較 海外FXはスプレッドが国内F...
【ボーナス比較】海外FX30社以上使った僕が厳選する10社の特徴とボーナス詳細をまとめ【海外FX業者多すぎ問題】海外FX業者の魅力は高いレバレッジと豪華なボーナスかと思いますが、高額すぎるボーナスを出している業者は詐欺業者ばかりのため注意が必要です...
【完全無料】アモン式FXコミュニティー作りました。常勝軍団目指すぞ!【Brain購入者様限定】自己紹介 工場勤務➡︎専業トレーダー転身➡︎小さな法人設立(社長) ...
ABOUT ME
アモン
【週給100万達成】 工場勤務▶︎専業トレーダー転身▶︎小さな法人設立/人生で2回の無一文を経験/堅実に勝てる手法でルール通りトレードをします/「堅実に稼いでいく事が最大の近道」/ ↓Twitterにてリアルトレード履歴出しています↓
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です