AXIORY

【業界NO.1クラスの低スプレッド】AXIORY(アキシオリー)のメリット・デメリットを解説!1万文字で鬼まとめ。口座開設方法も!

海外FX業者のAXIORY(アキシオリー)とはどのような業者?

僕のメイン業者で、とてもオススメしています!

海外のFX会社であるアキシオリーは、高いレバレッジに加えて、スプレッドが狭いというメリットを持っています。その一方で、他のFX会社と違い、他のサービスへの登録が必要となるなど、FXを始めるために必要な手順がいくつかあります。

この記事では、アキシオリーについて徹底解説して行きます!

また、アキシオリーのメリットやデメリット、実際に利用する際の注意点についても紹介します。

アキシオリーってどんな業者?

2020-05-20 (9)

海外FXのアキシオリーは、2013年に誕生した会社です。誕生当初から、狭いスプレッドを実現すると同時に、約定力の高さを武器に利用者を集めています。

レバレッジは最大で400倍という数字を実現しているので、国内FXよりも少額での取引が可能です。また、スプレッドは海外FXでも狭い数字を実現しており、米ドル円で0.6pipsという数字を実現しています。

アキシオリーへの登録は非常に簡単で、5分で口座開設が可能です。また、アキシオリーは、入金方法も多数用意されているため、自分に合った入金方法を利用できるなど、短時間でFXを始めるための環境が整えられています。

また、取引できる商品については、FX以外にもCFDが利用できますCFDでは、世界の株式指数や貴金属、さらにはエネルギーが取引対象となります。希望する取引商品を自分で選んで取引できる点は、アキシオリーのメリットと言えるでしょう。

なお、アキシオリーの基本的な情報は以下の通りとなります。

口座残高によってレバレッジルールが変わります。

  • 10万ドル(約1000万円)までは400倍
  • 10万ドル〜20万ドルは300倍
  • 20万ドル超〜から200倍

アキシオリーを利用するメリット

アキシオリーを利用するメリットは多数あります。

  • 狭いスプレッド
  • 高い約定力
  • ハイレバレッジ
  • 高い日本語サポート
  • ゼロカットが早い
  • 豊富な入金方法
  • 取引ツールが多い
  • 自動売買が自由にできる
  • 確実に出金が受けられる
  • サービスの向上精神が強い
  • 法人口座が作成できる

これらのメリットを持っています。アキシオリーを利用することで、他社にはない快適な取引が実現するでしょう。

ここからは、アキシオリーを利用するメリットについて詳しく説明します。

狭いスプレッド

アキシオリーは、狭いスプレッドを実現している会社です。

日本国内で提供されているFXでは、米ドル円のスプレッドが0.3銭程度に設定されるなど、狭いスプレッドを重視しています。一方で海外FXというのは、スプレッドが広く設定されるケースが多く、1銭以上のスプレッドを請求される会社が多くなっています。

しかし、アキシオリーでは、ナノ口座を利用した場合、米ドル円が0.3pips、ユーロ円が0.4pipsなど、狭いスプレッドで取引ができるように調整しています。海外FXの中でも、このスプレッドは取引しやすい環境です。

また、スタンダード口座を利用した場合でも、米ドル円のスプレッドが1.3pips、ユーロ円が1.7pipsに設定されているため、狭いスプレッドでの取引が可能です。

他社と比較すると、そのスプレッドの狭さが実感できるでしょう。

業者名 スプレッド(米ドル円)
アキシオリー 1.3pips
XM 1.7pips
Titan FX 1.9pips
GEMFOREX 1.7pips
LAND-FX 1.4pips

上記の表を見てもわかる通り、アキシオリーのスプレッドは狭い傾向があります。スプレッドが狭ければ狭いほど、手数料として請求される金額が少なくなりますので、より多くの利益へとつなげられるでしょう。

【業者比較】アキシオリーのスプレッドは狭くて優秀!スキャルピングする人にオススメ!アキシオリーのスプレッドは狭い! 他社では実現できないほどのスプレッドの狭さが魅力 アキシオリーは「スプレッドが狭い会社」で...

高い約定力

約定力の高さもアキシオリーの武器となっています。

約定力というのは、取引時に狙ったタイミングでトレードを開始し、終了させられるかどうかを判断する指標です。約定力の高さは、専業トレーダーが非常に重要視しており、高ければ高いほど狙ったタイミングでの取引が可能となります。

アキシオリーでは、約定力が非常に高く、取引時にスリッページが発生する可能性がかなり少なくなっています。狙っているタイミングでの取引を開始し、終了させられる環境がしっかりと整えられています。

高い約定力を実現している背景には、東京にもデータセンターを設けているためです。海外FXの大半は、海外だけにデータセンターを設けているのですが、アキシオリーでは日本でもデータセンターを整備して、より早くデータが送信されるように調整しているのです。

約定力の高さにより、自分が狙っていた通りのトレードが可能となります。これは安心してトレードができる環境へと繋がっています。

アキシオリーの約定力はめちゃくちゃ早くて助かる!

ハイレバレッジ

高いレバレッジを実現している点も、アキシオリーのメリットと言えます。

アキシオリーのレバレッジは最大400倍です。国内のFXでは実現していない高いレバレッジであり、少額で大きな通貨単位の取引が可能となっています。なお、国内FXのレバレッジは、現在25倍までに制限されており、さらに制限が厳しくなる恐れもあります。

一方で、アキシオリーのレバレッジは、今後も400倍という数字を維持します。海外では、日本国内のルールや法律が適用されないため、自由にレバレッジを設定できるのです。今後も高いレバレッジでの取引が可能となるでしょう。

ただ、XMのように888倍までのレバレッジを適用しているわけではありません。400倍でも十分に高い数字ではありますが、海外FXではより高いレバレッジを適用させている会社もあると理解しておきましょう。

400倍もあれば充分すぎるよ!ハイレバすぎるトレードはオススメしません(笑)

高いレベルの日本語サポート

高いレベルの日本語のサポートを実現し、すべてのサポートが日本で受けられるようにしています。

アキシオリーのホームページでは、日本語のサポートが受けられるデスクが用意されています。問い合わせが日本語でできるように調整されているフォームが用意されている他、日本語で問い合わせができるメールアドレスも掲載されています。

また、日本語のオペレーターに助けてもらいたい時は、メールやチャットでの対応が可能となっています。対応している時間は平日限定となりますが、日本語で困ったところを相談できるのは安心できるポイントです。なお、対応している時間は以下の通りです。

チャットはとても使いやすくて、対応が早いです!

メール:月曜から金曜の9:00~24:00

チャット:月曜から金曜の12:00~23:00

他の海外FXでは、日本語のサポートが充実していないケースもあり、問い合わせが非常に難しいという部分もあります。アキシオリーであれば、日本語のサポートが充実しているため、安心して問い合わせが受けられるでしょう。

 

AXIORY(アキシオリー )のサポートは業界NO.1です!安心して資金を預けられます。アキシオリーのサポートはとてもいい! 安心してサポートを受けられる背景は? アキシオリーのサポートは海外FXでもトップクラス...

ゼロカットが早い

アキシオリーは、ゼロカットのスピードが早い業者です。

ゼロカットというのは、口座残高がマイナスになった時点で、0円に残高を戻してくれるシステムです。海外FXでは多くの会社が導入しており、取引によって借金をしないための対策として活用されています。

このゼロカットですが、他社では2日程度の時間を要して、口座残高を0円に戻している場合があります。しかし、アキシオリーの場合、24時間以内にゼロカットが実施されるように調整されています。

短時間で口座残高が0円に戻るため、トレードを再開させるまでに必要な時間が短いメリットを持っています。また、ゼロカットが正しく実施されなかった場合も、サポートに連絡を入れれば対応します。なかなかゼロカットが発生しない時は連絡を入れましょう。

豊富な入金方法

アキシオリーでは、入金方法を多数持っています。その方法については以下の通りです。

  • 国内銀行送金
  • クレジットカード
  • STICPAY
  • 仮想通貨
  • 国際銀行送金

これらの方法に対応しています。国内銀行やクレジットカードに対応しているため、海外のサービスでも入金しやすい傾向があります。

また、仮想通貨に対応している点も見逃せません。仮想通貨を保有している人は、持っている通貨をアキシオリーへ送金すれば、簡単に軍資金として使えます。なお、対応している仮想通貨は以下の通りとなります。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • パクソス(スタンダードのみ)
  • ジェミニ
  • USD

これらの仮想通貨が入金可能となっています。対応している仮想通貨の種類が多いのは、他のFX会社にはない魅力です。特にリップルなど、あまり知られていない仮想通貨にも対応している点は、他社より優れているポイントとなります。

アキシオリーでは、他社では扱っていない取引ツールを提供しています。

基本的にはMT4を取引ツールとして提供していますが、もう1つ提供しているツールとしてcTraderがあります。MT4以上に快適な取引が期待されているcTraderは、短期取引をベースに挑戦したい人に向いています。

また、提供されているMT4は、独自の拡張機能が使える設定としています。個人的に変更したいと考えている部分があれば、拡張機能を使って機能を充実させ、より取引をしやすい環境を作り出すことが可能です。

ただ、cTraderはMac OSに対応していない点に気を付けてください。Macの人はMT4でのトレードを中心に考えましょう。

AXIORY(アキシオリー )で使えるcTraderの使い方と特徴を解説!cTraderが使える業者はどこがある?新しいプラットフォームcTraderとは? cTraderの使い方や利用できる業者を解説 海外FXで一般的に利用されているの...

自動売買が自由にできる

提供されているMT4を活用して、自動売買が自由にできるようにしています。

アキシオリーでは、インジケーターを活用した自動売買が自由にできるよう、MT4を調整しています。世界中に配布されているインジケーターを活用して、自分が望んでいる売買を自動的に行えるのはいいところでしょう。

また、アキシオリーが独自に開発したインジケーターも配布されています。

2020-05-20 (10)

このインジケーターを使うと、トレンドのスタートを把握しやすくなり、取引の方向性を導き出しやすくなります。長期的にトレードを検討している人は、このインジケーターを活用するといいでしょう。

このように、アキシオリーでは、インジケーターを使った自動売買が簡単にできるメリットがあります。自動売買をベースに取引を検討している人は、この会社を利用するといいでしょう。

確実に出金が受けられる

アキシオリーは、出金対応をしっかり行っている会社です。

僕自身もアキシオリーで出金拒否にあったことはありません!

海外FXを利用する際のリスクとして、出金対応が悪い会社が存在するという部分があります。出金対応が悪く、なかなかお金を出してくれないとなれば、得られた利益が手元に帰ってこないという問題が起きてしまいます。

しかし、アキシオリーは、依頼を受けてからすぐに出金対応を実施しています。出金されないという問題が起こらないのはいいところで、安心して利用できるFX会社と言えるでしょう。

また、出金関連の問題が起きたときも、サポートが対応してくれるので安心してください。サポートへ連絡を入れれば、出金対応ができていない状態を解消し、指定した方法で口座残高を出してくれるのです。

AXIORY(アキシオリー )は出金拒否をする?Bitwalletとトラブル?安全性は大丈夫?AXIORYにもトラブルはある? 出金拒否やトラブルについて解説 AXIORYは信頼できる業者として高く評価され、日本人トレ...

サービスの向上精神が強い

アキシオリーは、より使いやすいサービスを提供するため、常にサービスの向上に力を入れています。

他のFX会社では、提供しているサービスを変更しないままで、新しいサービス等が導入されないケースもあります。新しいサービスが導入されていないと、トレードのスピードが遅れてしまう、またはスリッページなどの影響でトレードしづらいなどの問題が起きてしまいます。

アキシオリーでは、新しいサービスを積極的に取り入れるようにしています。また、新しいサービスを検証するなどして、本当に必要なのかどうかを慎重に判断しています。本当にユーザーが必要としているサービスだけ、継続して提供できる環境をしっかり作り上げています。

こうした新しいサービスを提供するという環境が、アキシオリーを利用するユーザーを快適なトレードへと導いてくれます。

サイトのデザインを積極的に変更したり、取り扱い銘柄を増やしたりなど向上心がある業者です!

法人口座が作成できる

アキシオリーでは、法人用口座が作成できます。

海外FXの多くは、個人用の口座は作成できるものの、法人用の口座に対応していないという問題があります。法人でトレードをする場合は、個人用の口座を利用してはいけないというルールがありますので、個人用口座しか作れない会社ではトレードが難しくなります。

しかし、アキシオリーでは法人用口座が作成できますので、法人名義でのトレードも簡単にできます。法人用の口座についても、基本的に口座作成の手順は変わらないため、個人用の口座と同じような形で気軽に口座作成が可能となるでしょう。

アキシオリーを利用するデメリット

多くのメリットを持つアキシオリーですが、デメリットもあります。

  • 入金手数料
  • ボーナスの配布はない
  • 登録するサービスが増える
  • MT5によるトレードができない
  • スワップポイントが悪い

これらのデメリットがありますので、アキシオリーを利用する際は注意しておきましょう。特に入金手数料については、他社では請求しないケースが多いため、アキシオリーだけに該当するデメリットとなります。

ここからは、アキシオリーのデメリットについて、詳しく説明します。

入金手数料

アキシオリーは、入金手数料を取られてしまう場合があります

すべての入金方法で請求されるわけではありませんが、一部の入金方法では、条件を満たさない限り手数料を免除することができず、入金時に手数料を請求されてしまいます。

実際に入金手数料を請求される方法は以下の通りです。

入金方法 手数料
国内銀行送金 0円~400円(銀行による)
国際銀行送金 4,000円~8,000円
全サービス 入金額20,000円以下の場合は1,500円の手数料を支払う

これらの手数料が請求されます。すべてのサービスで、2万円の入金ができていない場合は、1,500円の手数料を強制的に徴収されるので注意してください。

また、銀行送金については、追加で手数料を請求されることとなります。より多くの負担を強いられることとなるため、利用する際は気を付けておきましょう。特に国際銀行送金は、手数料がかなり高くなっているため、注意しなければなりません。

海外FX業者は基本的にこれくらいの手数料がかかるため、アキシオリーってだけでもないです。気にしなくてもいいですよ〜!

ボーナスの配布はほぼない

アキシオリーでは、入金や口座開設時に得られるボーナスが用意されていません

海外FXの一部では、口座開設時や入金を行った場合に、ボーナスが提供されます。しかし、アキシオリーではボーナスを配布していないため、軍資金をボーナスで上積みするという方法が使えなくなります。

また、キャッシュバックなどのボーナスも提供されません。取引時に一部の金額が返ってくる、またはキャンペーンによってボーナスが支給されるという方法も、アキシオリーでは採用していないのです。

※このようなボーナスが時々あります。

入金時に得られるボーナスによって、簡単に取引ができるFX会社に比べて、何もボーナスを配布してくれないアキシオリーは使いづらいと感じる人もいるでしょう。

ボーナスが多すぎる業者は危険な業者が多い印象です。アキシオリーはボーナスは少ないですが、出金拒否をしないので僕はとても信頼しています!

登録するサービスが増える

アキシオリーを利用する場合、アキシオリーの口座に加えて、他のサービスへの登録が必要となります。

アキシオリーでは、国内銀行送金を利用するために、Curfexというサービスへ登録しなければなりません。このサービスへ登録していない場合は、国内銀行送金を使えなくなります。日本の銀行から気軽に送金したいと考えているなら、このサービスへの登録も済ませておきましょう

すぐに登録が終わるので気にしなくて大丈夫ですよ!

また、jumioと呼ばれるサービスへの登録も必要となります。このサービスは、個人情報を預けるために必要となります。登録は、口座開設と一緒に手続きができるので、そこまでの負担はありません。ただ、他の口座開設よりも少し手間がかかってしまいます。

真っ当な業者なのでアンチマネーロンダリングには厳しいですよ!

これらのサービスへ登録しないと、アキシオリーを利用できない、または利用しづらくなってしまいます。登録などの手間が増えてしまうのは、デメリットと言える要素となるでしょう。

MT5によるトレードができない

アキシオリーでは、なぜかMT5に関連するページが用意されておらず、トレードもできなくなっています。

海外FXが提供しているトレードツールとして、MT4と並んで利用されているのがMT5です。MT4の後継ツールで、多くの部分で機能が強化されているものの、インジケーターの利用が難しいなどの理由から、現在もMT4をベースとしているFX会社が多くなっています。

アキシオリーでは、取引ツールのダウンロードページに、MT4については記載しています。しかし、MT5に関しては、ダウンロード用のリンクもありませんし、トレードについても一切記載されていません。つまり、トレードできない状況としているのです。

MT5を利用してトレードをしたいと考えている人にとって、ダウンロードリンクも存在しないのは大きなデメリットとなります。MT4をベースとしてトレードを考えるか、cTraderを使ってトレードすることとなるでしょう。

MT4でしかトレードしたくない僕には全く問題ないです(笑)

スワップポイントが悪い

アキシオリーは、あまりスワップポイントがいいFX会社ではありません。

スワップポイントは、通貨を1日以上保有している際に発生するもので、ポイントを金銭に変換して口座に反映されます。スワップポイントがプラスであればお金を受け取り、マイナスであれば口座からお金を支払うこととなります。

アキシオリーでは、スワップポイントを計算しやすいよう、取引用の計算ツールを準備しています。

2020-05-20 (5)

この取引ツールでは、通貨ペアなどを設定すると、現在のスワップポイントがどれくらいなのか計算できます。表などでまとめているわけではないため、取引の際はこちらで確認するように心がけましょう。

試しに米ドル円を1ロット取引した際、スワップポイントがどのように変わっているか確認してみます。

C:\Users\USER\OneDrive\画像\スクリーンショット\2020-05-20 (4).png2020-05-20 (4)

(画像は2020/5/20の情報です)

こちらを見てもわかりますが、トレード時に得られるスワップが買いも売りもマイナスとなっていますつまり、スワップポイントを得た場合は、口座からお金を支払わなければなりません。

アキシオリーは、全体的にスワップポイントがあまりいい会社ではないため、長期的に通貨を保有しても、あまり得をしない傾向があります。特にスワップポイントがマイナスとなっている通貨ペアについては、取引は短期間で終えるように心がけましょう。

海外FX業者は基本的にマイナススワップです。短期トレードで回す方には全く関係ありませんよ!

アキシオリーは信頼できる業者!ライセンスや会社情報をチェック

アキシオリーは信頼できる業者なのか、これは一番重要なポイントです。ライセンスを取得していない、または会社情報をしっかり公表していないのであれば、トレードの際に不安が強まるほか、資金管理の不安も発生します。

本当にアキシオリーは信頼できる業者なのでしょうか。ライセンスや会社情報をチェックしておきましょう。

アキシオリーの会社情報

会社名 Axiory Global Ltd.
代表者名 不明
所在地 ベリーズ
設立年 2013年
資本金 不明
連絡先 jpsupport@axiory.com

気になる点としては、まず代表者が記載されていないという部分です。金融関連の会社であれば、代表者が記載されているケースが多いのですが、アキシオリーは掲載していません。海外のFX会社は、こうした傾向が多いので気にするほどではありません。

また、所在地のベリーズというのは、カリブ海にある島国のことです。ここでは会社設立の費用が非常に安くなっている他、タックスヘイブンによる課税が免除されるというメリットがあるため、ベリーズを選んで会社を設立する企業もそれなりにあります。気にすることはないでしょう。

資本金についても不明ですが、資本金がどれくらいなのかは、あまり利用者が気にするほどでもありません。連絡先については、日本向けにはメールのみの対応となっています。

全体的には、問題なく利用できる会社情報と言えるでしょう。この内容からは問題とされる情報はありません。

AXIORY(アキシオリー )の本社はどこ?会社の歴史やベリーズのライセンスを解説アキシオリーの本社はどこ? 所在地から見えるアキシオリーの信頼性をチェック アキシオリーは海外に本社を置き、FXのサービスを...

アキシオリーが取得しているライセンス

FXを運営するためには、国からライセンスを取得する必要があります。アキシオリーでは、ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSCというライセンスを取得しています。

このライセンスはマイナーなものですが、ベリーズが金融関連のサービスを問題なく提供できると判断している会社に対して、しっかりとルールを順守することを目的としてライセンスを提供しています。決して怪しいものではありません。

ライセンスについても、怪しいと思われる情報はないため、基本的には問題なく利用できる業者と言えるでしょう。

アキシオリーのトレードで気を付けたいポイント

これからアキシオリーを利用する人は、以下の注意点を守っておきましょう。

  • 証拠金維持率20%以下でロスカット
  • スプレッドが広がる時間帯に注意
  • 長期トレードより短期トレードを

これらの注意点を守らないと、トレードで失敗する恐れがあります。安心できるトレードのためにも、注意すべき点は理解しておきましょう。

ここからは、アキシオリーを利用する際の注意点について、詳しく説明します。

証拠金維持率20%以下でロスカット

アキシオリーは、証拠金維持率が20%以下になると、ロスカットを受けます。

このルールは、他社でも同じように適用されています。アキシオリーだけの問題ではありませんが、証拠金不足により、ロスカットで自動的にトレードが終了するというケースもあると理解しなければなりません。

特に変動が激しい時間帯でトレードをしている場合、またはハイレバレッジで少ない証拠金でのトレードを検討している場合は、ロスカットに注意しておきましょう。

スプレッドが広がる時間帯に注意

アキシオリーでは、スプレッドが広がるタイミングがあります。

スプレッドが広がる時間帯では、最小のスプレッドよりも数字が大きくなり、より多くの手数料を支払うこととなります。特に日本時間の6時から8時の間は、非常にスプレッドが広くなる傾向があるため、十分注意してトレードを行いましょう。

先ほども少し触れましたが、アキシオリーはスワップポイントがあまり良くないため、長期トレードには向いていません。

アキシオリーでトレードをする際は、スワップポイントのマイナスを回避するため、デイトレードやスキャルピングを検討したほうがいいでしょう。短時間で終了するトレードを主体にしておけば、スワップポイントによって口座の残高が減ってしまう問題を減らせます。

また、スプレッドが狭いアキシオリーでは、元々スキャルピング取引が行いやすい傾向もあります。短期でのトレードをベースにして、コツコツと利益を増やしていくといいでしょう。

まとめ

アキシオリーは、スプレッドの狭さに加えて、約定力の高さを武器としている海外FXです。トレーダーが快適な環境を得られるよう、トレードツールのカスタマイズも可能となっているなど、非常に使いやすい業者と言えるでしょう。

短期トレードを中心としている人には、アキシオリーを利用したほうが利益を得やすくなります。登録方法やトレードの注意点を守り、確実に利益を得られるトレードを目指してみましょう。

トレード歴の長い方はアキシオリーが使いやすいって方が多いですね!僕はとても信頼している業者です!

アキシオリーを利用するまでの手順(口座開設方法)

アキシオリーを利用するためには、口座開設をしなければなりません。口座開設の手順をここから説明します。

ホームページにアクセスする

まずはアキシオリーのホームページへアクセスしましょう。トップページにある検索窓の右側に口座開設という部分があります。口座開設をクリックして、次の画面へ移動してください。

個人情報を入力していきます。英語で記載しなければならない部分は、必ず英語で記載してください。また、個人情報を間違えてしまうと、本人確認ができなくなるため注意してください。

次に会社などの情報を入力していきます。この情報を間違えてしまうと、本人確認が不可能となってしまうため、こちらも間違えないようにしましょう。

その後、投資に関連する質問があります。この質問はあまり気にしなくても構いませんが、アキシオリーがトレードの参考にするために必要な情報ですので、しっかりと回答しておきましょう。

最後にトレードアカウントの作成準備を実施します。ここで以下の設定をします。

  • レバレッジ
  • プラットフォーム
  • アカウントタイプ
  • 通貨

レバレッジは最大400倍までの中から希望している数字を選びます。(MAXの400倍がオススメ)

プラットフォームは、トレードするツールを決めます。MT4とcTreaderから選んでください。

アカウントタイプは、スタンダード口座とナノ口座のどちらを利用するか決めます。

「僕はスタンダード口座で取引しています!」

ナノ口座は、スタンダード口座よりもスプレッドが狭くなるものの、取引できる通貨量の上限が厳しくなります。

最後に取引する通貨を決めます。これは日本円を選択するのが一番わかりやすいため、日本円にしておきましょう。

この後、本人確認と住所確認のため、書類を提出します。この書類を提出し、確認が終わればアキシオリーが利用可能となります。

 

ABOUT ME
アモン
【週給100万達成】 工場勤務▶︎専業トレーダー転身▶︎小さな法人設立/人生で2回の無一文を経験/堅実に勝てる手法でルール通りトレードをします/「堅実に稼いでいく事が最大の近道」/ ↓Twitterにてリアルトレード履歴出しています↓
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です