イチオシ海外FX業者

XM(エックスエム)で法人口座が作れないのなぜ?法人口座開設はアキシオリーがオススメ!

人気のあるXMは様々なユーザーが口座開設していますが、法人口座を作れないといった問題があります。法人口座が作れない理由をしっかり確認しておくと同時に、XM以外のFX業者で法人口座を開設する必要があります。

この記事では、XMで法人口座を作れない理由を解説します。また、どの業者で法人口座を開設出来るのか紹介していきます。

XMは法人口座が作れない

  • XMは法人口座を作成できない
  • 過去には法人口座作成ができた時期もある
  • 現在は国内外問わず作成できない
2020-06-02 (21)

XMは法人口座に対応しておらず、法人口座開設は認めていません。法人口座が作れないと公式でも説明しているため、現時点で法人が口座を開設できる方法は用意されていないのです。

2021-12-01

しかし、XMは2018年頃までは法人口座開設が認められていました。過去に法人口座を作成していた人はそのまま利用し続けられます。現在法人でXM取引を可能にしている人は、2018年以前にXMでの口座開設を行なっていた可能性があります。

現在は国内の法人、海外の法人問わず口座開設は認めていません。法人口座開設を希望している法人は、他の業者を利用する必要があります。基本的にXMは、個人的に利用している人以外は口座開設ができないのです。

個人事業主も屋号での口座開設は不可能

個人事業主は個人で事業を経営していますが、XMで口座開設をする際、個人名義であれば問題なく開設できます。これは個人名義であり、会社で口座を利用するという意思がないと判断されています。

一方で個人事業主として仕事をする際、屋号を持っていることが多くなっています。屋号名義でXMの口座開設するのは、法人と同じように判断されますので、口座開設は認められません。利用する際は個人名以外不可能なのです。

XMが法人口座を認めていない理由

XM側は、法人口座を認めていない理由を記載していません。つまり、理由不透明の状態で法人は口座開設ができない状態となっているのです。しかし、法人口座には色々な問題点が関与しているため、問題点を排除するために法人口座を認めていない可能性が高くなっています。

具体的に、法人口座で問題とされるのは以下の要素です。

  • 期間損益報告書の作成が必要
  • 法人口座用に優遇する措置が必要
  • 法人の信頼性を審査する必要

こうした問題点がXM側の負担を増加させている可能性も高く、現在XMでは法人口座開設を停止しているのです。法人口座は個人向け口座より優遇する必要があるため、XMのシステムをさらにいいものに変える必要があるなど、負担は大きく増加します。

ここからは、XMが法人口座を認めていない理由を詳しく説明します。

期間損益報告書の作成が必要

法人が口座開設をした場合、各企業の決算に合わせて期間損益報告書を作成しなければなりません。この書類作成はXM側で対応しますが、法人によって決算時期はバラバラです。XMはこの書類作成の手間はかけられないと判断し、法人用口座の開設は認めていません。

期間損益報告書を作成する手間によって、他のサービスに影響が出てしまうと、XMの信頼性が揺らぐ可能性もあります。現状のサービスをできる限り維持するために、負担をかけないための対策を行っているのです。

法人口座用に優遇する措置が必要

法人用の口座は、個人用の口座よりも優遇する必要があります。国内業者の例ではありますが、以下の違いがあります。

国内個人口座 国内法人口座
レバレッジ 25倍まで 状況に応じて変動
損失の繰越 3年間 10年間
取引額 個人向けに制限 個人以上の取引を認可

レバレッジは業者ごとに異なりますが、200倍に近い数字も適用されています。また、損失の繰越は個人は3年に対して法人が10年間という優遇措置が取られます。取引額についても法人口座では制限を緩和する傾向にあります。

XMで法人口座を認める場合、以下の要素を変更できないため優遇措置が取れないのです。

  • レバレッジ888倍以上の適用不可能
  • 税率が累進課税であり固定ではない
  • 取引額の制限緩和ができない

こうした事情も踏まえて、XMでは法人口座を認めていないのです。優遇措置を取ってまでXMを法人口座として提供する方針ではないのです。

法人の信頼性を審査する必要

法人は本当に信頼できるのか、しっかり審査しなければなりません。しかし、法人の審査に多大な時間がかかってしまい、XMが採用している口座開設の方法では法人の審査はほぼできません。審査等の手間を省くために、法人口座を認めていない可能性が高いのです。

信頼できない法人に口座開設を認めてしまうと、XMの信頼性は著しく落ち込んでしまいます。法人の審査に人員を割くのであれば、他のサービスに人員を増やしたほうがサービスの安定性は増すため、法人口座を無視して個人用口座のみ認める方向に変えているのです。

法人口座はどこで作成すればいい?

  • 法人口座に対応している海外FXは少ない
  • 対応している中でおすすめなのはAXIORY
  • 利用できる口座のスペックは個人と変わらない

法人口座に対応している業者ですが、以下の海外FXで対応しています。

  • AXIORY
  • Tradeview
  • iFOREX
  • Titan FX
  • HotForex

こうした業者が対応しています。有名どころが多くありますが、実際に対応している業者はあまり多くない現状もあります。この中からどの業者を選べばいいか考えていく必要がありますが、僕が最もオススメするのはAXIORY(アキシオリー)です。

2020-06-02

AXIORYはハイスペックなシステムを採用していて、他社よりもスプレッドが狭く取引しやすい環境があります。また、安全性&信頼性の高さに定評があり、ライセンス以外にもサービス面での向上を高める取り組みを実施し続けています。

この他にも、AXIORYは以下のメリットがあります。

  • スキャルピング可能
  • 日本語完全対応
  • 2種類の口座から選択できる
  • cTraderによる新しい取引

スキャルピングは海外FXで対応していないケースが多くなっていることを踏まえると、AXIORYが認めているのは非常に大きなメリットとなります。他にも日本語の対応がしっかりしている点も安心感が強まります。

【業界NO.1クラスの低スプレッド】AXIORY(アキシオリー)のメリット・デメリットを解説!1万文字で鬼まとめ。口座開設方法も!海外FX業者のAXIORY(アキシオリー)とはどのような業者? 海外のFX会社であるアキシオリーは、高いレバレ...

まとめ

XMでは法人口座が作成できない点に気をつけてください。どうしても法人口座を必要としている場合は別の業者を利用したほうがいいでしょう。特にAXIORYは、スペックや信頼性という部分で他社を上回るメリットがあるため、最もオススメしています。

ABOUT ME
アモン
【週給100万達成】 工場勤務▶︎専業トレーダー転身▶︎小さな法人設立/人生で2回の無一文を経験/堅実に勝てる手法でルール通りトレードをします/「堅実に稼いでいく事が最大の近道」/ ↓Twitterにてリアルトレード履歴出しています↓
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です