比較

海外FXでA-Bookのオススメ業者を紹介!A-BookとB-Bookの違いも解説

海外FXはA-BookとB-bookどちらを使っている?

利用しているシステムを解説

FXではA-BookB-bookが利用されています。どちらの方法を利用しているかによって、約定力の高さや注文の通りやすさが変わります。海外FXを利用する場合は、どちらを利用しているか確認しておく必要があるでしょう。

この記事では、海外FXが利用しているシステムを解説します。どちらの方法を利用しているのか、そして安心して使えるシステムを使っている会社はどこかを紹介します。

FXでは2つのシステムが利用されている

bitcoin19510479_TP_V
  • FXにはA-BookとB-bookが存在する
  • どちらを利用しているかで取引しやすいかが変わる
  • A-Bookを採用している業者は少ない

FXでは2つのシステムによって取引が進められています。その2つとは以下のとおりです。

  • A-Book
  • B-book

この2つのうち、どちらかを採用して取引が行われています。

どちらを採用しているかによって、取引しやすいかどうかが変わります。基本的にA-Bookは海外のFXの一部が採用している方法、B-bookはそれ以外のFXが採用している手法となります。ただ、A-Bookを採用している会社は少ないため、あまり目にする機会はないでしょう。

2つの違いは、取引がスムーズに進むのか、そして約定力が高いのかという部分にあります。基本的にA-Bookのほうがスムーズに約定する傾向があり、B-bookを採用しているとトレードがやや遅れます。また、約定拒否のケースがB-bookでは多くなる可能性があります。

2つの違いはしっかりと確認しておかないと、トレード時に約定がしっかりできない、または約定を断られるという問題が起きてしまいます。スムーズな取引のためにはどちらを採用しているか、しっかりと知る必要があるでしょう。

A-Bookとは?

  • A-Bookは約定力の高い方法
  • メリットは多いがボーナスを受け取れない傾向がある
  • スプレッドが広くなるため注意

A-Bookは、業者側が注文を持たず、そのまま市場に流してトレードを実施するというものです。いわゆるNDD ECN取引で使われている手法となります。

この方法のメリットは、ディーラー側が注文を持たずに市場に流すため、とても透明性が高いトレードができます。B-bookではディーラー側が注文を持ち、確認をとってから市場に流すため、約定力や時間に影響します。A-Bookであればこうした問題は発生しません。

A-Bookを採用している業者には、大口でトレードしたいと考えているトレーダーが多く集まる傾向にあります。最大の理由は、FX業者の利益を優先しているのではなく、トレーダーの利益を優先してトレードできるためです。つまり、業者側の都合に合わせる必要がなく、自分の都合でトレードできるメリットがあります。

A-Bookのメリット

A-Bookのメリットは以下のとおりです。

  • 市場に注文が確実に流れる
  • 取引の透明性が高い
  • 手数料だけでトレードできる

これらのメリットがあります。最大のメリットは、透明性の高い取引が可能となり、安心してトレードできるという部分でしょう。

ここからは、A-Bookのメリットについて詳しく説明します。

市場に注文が確実に流れる

A-Bookの注文は確実に反映され、市場で取引されるようになります。ディーラー側が勝手に反映させないようにする問題は発生しません。

確実に取引したいと考えているのであれば、A-Bookを採用している業者を使ったほうがいいでしょう。約定拒否の問題が起こらないのは安心できる点です。

取引の透明性が高い

取引の透明性が高いA-Bookは、安心して取引できるというメリットがあります。

いわゆるノミ行為とされる問題に悩まされる心配はありません。また、約定が突然遅くなってしまい、不利な形でトレードするという問題が起こらなくなります。安心できる取引方法がA-Bookと言えます。

手数料だけでトレードできる

A-Bookのトレードは、スプレッドではなく手数料で対応する場合もあります。

手数料で対応してくれれば、スプレッドが広がる心配はほぼなくなります。また、高いスプレッドに悩まされることがなくなり、トレードしやすい傾向もあります。

A-Bookのデメリット

A-Bookはメリットもありますが、デメリットもあります。

  • スプレッドが広がりやすい
  • レバレッジが低い
  • ボーナスを使えない

このようなデメリットがあります。

主にトレード環境に影響が出るデメリットが主体となります。A-Bookの場合はスプレッドが広がる可能性が高まるほか、元々ハイレバレッジで取引できない傾向があります。また、ボーナスを採用できない口座が多いため、軍資金を自分で確保する必要があるでしょう。

B-bookとは?

B-bookトレーダー側の注文をディーラーが持ち、確認してからディーラー側が取引をするというものです。

国内FXで使われている取引方法はすべてB-bookです。また、海外も一部を除いてB-bookを採用する傾向が多く、FXの主力取引となっています。利用者が負ければFX業者の利益となり、利用者が勝てばFX業者の損失となる、利益を相反するような取引方法となります。

ハイレバレッジによる取引が可能となっている他、低スプレッドが実現できるメリットを持っています。少額で取引したいと考えている人は、B-bookを採用したほうがいいでしょう。

国内業者は基本的にはB-Bookしかありませんので、相場が急変動した時などはサーバーが止まる傾向が強いです・・・

B-bookのメリット

B-bookのメリットは以下のとおりです。

  • ハイレバレッジによる取引が可能
  • 低スプレッドが期待できる
  • ボーナスを準備している

これらのメリットがあります。取引を楽にする要素がB-bookには多く、取引しやすいシステムと言えます。

ここからは、B-bookのメリットについて詳しく説明します。

ハイレバレッジによる取引が可能

B-bookはハイレバレッジが適用される取引方法です。場合によっては無制限で取引ができる業者もあり、レバレッジを高めて少額での取引が期待できます。

少しでも取引時に使う金額を減らしたいと考えている、証拠金を減らして楽に取引をしたいと考えているなら、B-bookを採用したほうがいいでしょう。

低スプレッドが期待できる

大半のB-bookでは、低スプレッドでの取引を可能にしています。主に国内のFXでは、ディーラー側が不利にならない程度にスプレッドを抑え、取引しやすい環境を作り出しています。

ハイレバレッジに低スプレッドという口座はなかなかありませんが、海外FXの一部ではレバレッジを高めつつ低スプレッドでの取引が可能となっています。トレーダー側が有利な環境で取引できるのはいいことでしょう。

ボーナスを準備している

B-bookでは豊富なボーナスが提供されています。

キャッシュがなくなった時に使えるボーナスを持っていれば、ボーナスを駆使して再びキャッシュを増やす、もしくは損失をボーナスで補う方法が期待できます。ボーナスを利用して取引したい人は、B-bookを検討しましょう。

↓知名度・人気ナンバー1の「XM」でボーナスを受け取ろう↓

B-bookのデメリット

B-bookにはデメリットもあります。

  • 約定力に疑問
  • 利益を出しすぎるとディーラーに拒否される
  • 不適切な取引が発生する

これらのデメリットがあります。B-bookは約定が弱い傾向にあります。また、利益を出しすぎるとディーラー側が取引を断り、約定拒否というケースが発生しやすくなります。

B-bookは業者側の利益を優先する傾向が多いため、悪質な業者は利益のために不適切なレート操作を行う場合があります。こうした業者を使っていると、突然ロスカットの対象となる可能性もあるため注意してください。

A-Bookでおすすめできる業者は?

A-Bookを利用している業者は非常に少ないものの、その中でおすすめできるのがTradeViewのECN口座です。

2020-07-17 (4)

この口座を利用するメリットは以下の通りです。

  • cTraderによる安定感
  • 取引手数料が安い
  • それなりに高いレバレッジ
  • 約定力が高い
  • 利益を追求しても問題なし

これらのメリットを持っている口座です。cTraderはECN取引で採用されている最強のプラットフォームであり、MT4以上の約定力と安定した取引が期待できます。また、取引手数料が安く、手数料とスプレッドを合計した数字が他社よりもかなり小さくなっています。

こうした手数料の低さに加えて、海外FX特有の高いレバレッジも期待できます。そして、利益を出し続けても業者から何も言われないという安心感があるため、利益を追求してトレードを続けられるのが最大の良さと言えます。

AXIORY(アキシオリー )で使えるcTraderの使い方と特徴を解説!cTraderが使える業者はどこがある?新しいプラットフォームcTraderとは? cTraderの使い方や利用できる業者を解説 海外FXで一般的に利用されているの...

A-Bookを検討しているのであれば、TradeViewのECN口座で取引するようにしましょう。

TradeView(トレードビュー)の特徴&メリット・デメリットを解説!評判口コミはどう?TradeViewは安心してトレードできる? メリットとデメリットを解説 5つの口座を提供しているTradeViewは、口座...

まとめ

海外FXではA-BookとB-bookが採用されていますが、大半の業者はB-bookを採用しています。ただ、その中にもA-Bookを採用している業者がありますので、少しでも利益を得たいならA-Bookの業者を探すといいでしょう。

特にTradeViewは、ECN口座がA-Bookの中でも最高クラスの使いやすさを持っています。利益を追求したい時はTradeViewを検討するといいでしょう。

ABOUT ME
アモン
【週給100万達成】 工場勤務▶︎専業トレーダー転身▶︎小さな法人設立/人生で2回の無一文を経験/堅実に勝てる手法でルール通りトレードをします/「堅実に稼いでいく事が最大の近道」/ ↓Twitterにてリアルトレード履歴出しています↓
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です