XM

XMのビットコインや仮想通貨の税金は高い?国内より税率が安くなる場合も?

XMではビットコインを含めて、仮想通貨を取引ができます。

XMで仮想通貨取引ができるようになっていることは大きなメリットであり、簡単に仮想通貨を手にしているような感覚を得られます。

仮想通貨取引で利益を得ている場合には税金を支払う必要があります。

この記事では、XMでビットコインなどの仮想通貨を取引した際、税金がどのように適用されるのか説明します。

XMで仮想通貨取引をした場合の税金

  • 適用される税金は海外FXと同じ扱いとなる
  • 仮想通貨取引でも支払う税金の優遇等はない
  • 利益を出しただけ税金を支払う方針

XMでビットコインなどの仮想通貨取引をして利益を得た場合、税金を支払わなければなりません。1/1から12/31の期間の合計で利益が出た場合です。

利益を出していない人は関係ない話ですが、利益を出している人は一定の条件をクリアしている場合に限り、税金を支払うことになります。

税金を支払うことになる人は以下の条件に該当している場合です。

  • 副業でトレードしている人が20万円以上の利益を出した場合
  • 本業でトレードしている人が48万円以上の利益を出した場合

条件に該当している場合は税金の支払いをしなければなりませんので、準備をしっかり進めるように心がけておきましょう。

またXMは海外FXであり、基本的に雑所得して区分されることになります。

雑所得は累進課税制度が導入されることになり、利益を得ている金額が多ければ多いほど税率が高くなっていく仕組みが採用されています。

仮想通貨取引をしている場合でも同様のルールが適用されるようになりますので、ビットコインなどを取引している人は累進課税制度を覚悟しなければなりません。

累進課税制度は以下のルールによって税金を支払うことになります。

所得額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超330万円以下 10% 97,500円
330万円超695万円以下 20% 427,000円
695万円超900万円以下 23% 636,000円
900万円超1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

所得額が低いと判断される場合には税率が低くなるメリットを持っていますが、所得額が高くなっていくに連れて税率は高くなります。

国内FXを利用している場合の税率が一律20.315%ですので、695万円を超えなければ税率は国内FXよりも安く抑えることができます

少しでも税率を下げたいと思っている場合は、所得額に該当する金額を抑えるなどして対応していくことが一番いい方法でしょう。

なお、控除額に該当している金額は税額から削減できるようになりますので、場合によっては税金を抑えられる効果が期待できます。

ビットコイン取引では多くの税金を支払う可能性も?

  • ビットコインは変動が激しく大きな利益が出やすい
  • 利益を大量に持っていると税率が上昇しやすい
  • 損失繰越ができないため1年間で計算する必要あり

ビットコイン取引は、思っていた以上に税金を支払う可能性があります。

仮想通貨取引がすべて該当するものではありますが、予想以上にレートが上昇する、下落するといったことが多くなるため、予想以上の利益も出やすいのです。

特にXMの仮想通貨取引はレバレッジが高いため想定していた以上の利益を得られる可能性があります。

本来適用させたい税率よりも高い状態になってしまい、余計な税金を取られてしまう可能性がある点に気をつけたほうがいいでしょう。

特にビットコインやイーサリアムについては以下の状態が起こりやすくなります。

  • 急激な変動で莫大な利益が出る
  • 暴落しているところで売り注文で利益が出やすい
  • 長期間放置しているだけで多くの利益が出る

長期的な視野でも利益を出せる可能性があるなど、ビットコインやイーサリアムには大きな利益をもたらす効果が期待できるのです。

結果的に税率が上昇してしまうと、税金の額が増えてしまいますので、手元に残せるようになる金額が少なくなってしまう点には気をつけておきましょう。

また、ビットコインを含めて、仮想通貨取引は損失繰越ができなくなっています

損失繰越ができない状態になっていることで、去年のマイナスを活かして税率を減らしていくという方法は使えないのです。

損失はすべて1年で計算していくことになりますので、当年間に発生している損失を上手に計上して、税率を下げるなどの対応をしていくことが望ましいでしょう。

XMの税金を下げたいと思っているなら控除できるものを増やそう

  • XMの税金を下げる方法は存在する
  • 控除できるものを増やしておくと得をする
  • 税率を下げておけば利益を残しやすい

XMの税金を下げたいと思っている場合は、控除できるものを増やしておくことが重要になります。

特に海外FXについては、以下の内容が控除対象にできるようになっています。

  • パソコンやスマホを新規に購入した費用
  • パソコンやスマホの通信費
  • インジケーター購入費
  • 仮想通貨などの勉強に使った教材代
  • セミナーに参加した場合の費用
  • 電気代
  • 家賃

該当しているものを増やしておけば、税金控除を増やすことが可能になりますので、税率を下げる効果も期待できるでしょう。

特に仮想通貨は勉強することが重要になっていますので、勉強に使っている教材などを多く購入しておくことによって税金を下げられる効果が期待できます。

セミナーに参加する方法も有効ではありますが、近くで開催されていないのであれば自分で勉強できる教材を多く手に入れておくことがいい方法でしょう。

課税所得額が減ることで税率も下がりますので、より多くの金額が手元に残ってくれることになります

少しでも税金を取られたくないと考えている人は、教材などにも手を出して税金を抑える方法を検討していきましょう。

まとめ

XMの仮想通貨取引をしている場合は税金を支払う必要があります。

ビットコインなどに代表される通貨であっても、適用されるのは累進課税制度であり、総合課税が適用されることを知っておきましょう。

正しい知識を持って行動しておけば、税金を抑えられる方法がたくさんあります。

XMでビットコイン取引はスプレッドが狭くとてもオススメです。

まずは仮想通貨を勉強しつつ、税金への知識を付ける方法を取りましょう。

 \ 無料で3000円ボーナスが貰える /

ABOUT ME
アモン
【週給100万達成】 工場勤務▶︎専業トレーダー転身▶︎小さな法人設立/人生で2回の無一文を経験/堅実に勝てる手法でルール通りトレードをします/「堅実に稼いでいく事が最大の近道」/ ↓Twitterにてリアルトレード履歴出しています↓

関連記事