AXIORY

【業者比較】アキシオリーのスプレッドは狭くて優秀!スキャルピングする人にオススメ!

アキシオリーのスプレッドは狭い!

他社では実現できないほどのスプレッドの狭さが魅力

アキシオリーは「スプレッドが狭い会社」で、トレード中に失う手数料が少なくなっています。海外FXは、基本的に国内FX業者に比べるとスプレッドが広く、スキャルピングに向いてない業者ばかりです。しかし、アキシオリーならこうした問題は解決できるでしょう。

この記事では、アキシオリーのスプレッドがどれだけ優れているのか紹介します。他社との違いをしっかりと確認しておけば、アキシオリーを使ったほうがいいと判断できるでしょう。

アキシオリーはスプレッドが狭めに設定されている

2020-06-02

アキシオリーは、元々「スプレッドが狭め」に設定されている会社です。

アキシオリーでは、スプレッドを変動させる方法で設定しています。相場が落ち着いているとスプレッドが狭くなり、逆に指標発表時など相場の急変動が予測される時は、少し広げるという方法で調整しています。

この変動値の平均を合計して平均スプレッドを算出しているのですが、アキシオリーは比較的その数字が狭くなっており、手数料として失う金額があまり多くならないのです。

また、アキシオリーがスプレッドを狭くできるもう1つの理由がナノスプレッド口座です。

2020-07-03

ナノスプレッド口座も変動制スプレッドを採用していますが、そのスプレッドはスタンダード口座に比べて狭くなっています。時間帯によっては、スプレッドが発生しない場合もあるなど、スプレッドに悩まされる心配はありません。

ただ、ナノスプレッド口座の場合、取引手数料を請求されてしまいます。これは1ロット(10万通貨)で3ドルとなります。ただ、3ドルというのは約300円程度ですので、スプレッドよりも手数料がかからない場合も多くあります。気にするほどではないでしょう。

アキシオリーの手数料は安いです!

↓アキシオリー 口座タイプの特徴を詳しく解説↓

AXIORY(アキシオリー )の口座タイプは2種類!cTraderとMT4の違いは?ナノスプレッド口座はスキャルピングにオススメ!アキシオリーはスキャルピングしたい方にオススメしたい業者!! アキシオリーのcTraderとMT4の違いは?ナノスプレッド口座はス...

アキシオリーが提供しているスプレッドを他社と比較

ここからは、アキシオリーが提供しているスプレッドを比較していきましょう。

今回比較していく通貨ペアは、どの海外FXでも採用されている以下の5つです。

  • 米ドル円
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • NZドル円

この通貨ペアのスプレッドを実際に比較し、他社とどれだけ違うのか見ていきましょう。

米ドル円

一番多くのトレーダーに利用されている米ドル円は、スプレッドを重視してトレード口座を決める人が多くいます。海外FXではやや広い数字を採用する傾向があるものの、数字を比較すると狭い会社もそれなりに存在します。

アキシオリー(スタンダード) 1.3pips
アキシオリー(ナノスプレッド) 0.2pips
XM(スタンダード) 1.7pips
XM(ゼロ) 0.1pips
TitanFX 1.4pips
LAND-FX 1.0pips
FXGT 1.6pips

これだけを見ると、スタンダードであればLAND-FX、ゼロ関連の口座ではXMのほうが優れているように思われます。

ただ、XMのゼロ口座は手数料が10万通貨で5ドルと高い数字で、アキシオリーのナノスプレッド口座よりも請求される手数料が多くなっています。

また、LAND-FXはスタンダード口座は低スプレッドで提供しているものの、安定してこの数字が実現するわけではないため、アキシオリーに劣る傾向があります。

ユーロ円

ユーロ円は米ドル円よりもスプレッドが広く作られています。近年は米ドル円に満足していないトレーダーがもう少し動きの激しいユーロ円を狙う傾向があります。

アキシオリー(スタンダード) 1.4pips
アキシオリー(ナノスプレッド) 0.4pips
XM(スタンダード) 2.5pips
XM(ゼロ) 0.4pips
TitanFX 1.8pips
LAND-FX 1.5pips
FXGT 2.2pips

こちらはアキシオリーがLAND-FXを抜いてトップです。さらに、アキシオリーはナノスプレッド口座で低スプレッドが期待できるため、スプレッドはアキシオリーのほうが優れている傾向があります。

ポンド円

値動きの激しい通貨ペアの1つで、日本人にも高い人気があります。その反面、非常にスプレッドが広がりやすいという傾向もあり、スプレッドの数字はしっかり確認しなければなりません。

アキシオリー(スタンダード) 1.7pips
アキシオリー(ナノスプレッド) 1.0pips
XM(スタンダード) 3.9pips
XM(ゼロ) 1.2pips
TitanFX 2.5pips
LAND-FX 2.0pips
FXGT 3.5pips

アキシオリーのナノスプレッド口座が一番狭い数字を実現しています。スタンダード口座でもLAND-FXよりも小さいスプレッドです。

豪ドル円

取引しやすい通貨ペアとして知られています。米ドル円よりも必要な証拠金を抑えられるメリットがあるほか、それなりに変動しやすい傾向もあります。ただ、スプレッドが米ドル円よりも広いという問題があり、スプレッドの数字は重要です。

アキシオリー(スタンダード) 1.7pips
アキシオリー(ナノスプレッド) 0.8pips
XM(スタンダード) 3.0pips
XM(ゼロ) 1.2pips
TitanFX 2.2pips
LAND-FX 2.0pips
FXGT 3.0pips

アキシオリーが一番狭い数字を実現しています。スタンダード口座もナノスプレッド口座も、平均したスプレッドが狭くなるため、豪ドル円では一番使いやすい会社と言えるでしょう。

NZドル円

豪ドル円と同じく低予算で取引ができる通貨ペアとなります。こちらは豪ドル円よりもスプレッドが広がる傾向があるため、スプレッドはさらに重要視されます。

アキシオリー(スタンダード) 1.9pips
アキシオリー(ナノスプレッド) 0.8pips
XM(スタンダード) 4.5pips
XM(ゼロ) 1.3pips
TitanFX 2.5pips
LAND-FX 2.0pips
FXGT 3.0pips

こちらもアキシオリーが一番狭い数字を実現しています。海外FXでも有名なXMがかなり高いスプレッドとなっている点を考えると、アキシオリーがいかに使いやすいかがわかります。

短期売買を楽しみたい方はアキシオリーのナノスプレッドで決まりです!

実際にアキシオリーでトレードしている人の声を紹介!

実際にアキシオリーを利用してトレードしている方も、スプレッドに関するコメントを残しています。

 

スタンダート口座&ナノ口座ともにスプレッドが狭いと大絶賛のツイートばかりです!僕もメイン口座にしていて1番オススメしていますね!

まとめ

アキシオリーはスプレッドの狭い業者です。ナノスプレッド口座を利用するメリットも大きいですが、スタンダード口座でもスプレッドを狭くできるメリットがあります。低スプレッドは安心てトレードができる利点に繋がりますので、手数料を減らしたい人はアキシオリーを検討してはいかがでしょうか。

ABOUT ME
アモン
【週給100万達成】 工場勤務▶︎専業トレーダー転身▶︎小さな法人設立/人生で2回の無一文を経験/堅実に勝てる手法でルール通りトレードをします/「堅実に稼いでいく事が最大の近道」/ ↓Twitterにてリアルトレード履歴出しています↓
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です