投資全般

国内FXより海外FXの方が透明性が高い?海外FXと国内FXの取引方法を比較!

国内よりも海外の方が透明性は高い?

取引方式の違いについて解説

国内FXは信頼性が高いと言われますが、実は取引方法については海外FXの方が透明性は高く、安心できます。その理由として、国内FXと海外FXで利用している方法が異なり、海外の方が信頼性の高い取引が実現できるのです。

この記事では、国内FXと海外FXの取引方法について説明します。主に取引方法の違いや透明性、そして安心できる理由について解説します。

国内FXと海外FXは取引方法が異なる

  • 国内FXと海外FXは取引が異なる
  • 方法の違いで透明性は変わる
  • 海外FXのほうが信頼性は高い

国内FX海外FXは取引方法が異なります。一見すると、海外FXのほうが信頼性はないように思われますが、取引方法については国内FXのほうが不透明な状態となっており、海外FXの方が信頼できるのです。

その理由として、採用している取引方法が異なるためです。国内FXで採用されている方法と海外FXで採用されている方法は別物です。海外で採用されている取引方法は、すべての取引をほぼ確実に通してくれることから、信頼性と透明性が高くなっています。

国内FXは業者の信頼性が高いように思われますが、取引方法は透明性がまったくない手法を採用しており、安心できるものではありません。この影響により、海外FXを採用しているトレーダーが近年多くなっているのです。

国内FXと海外FXで異なる取引方法を解説

国内FXと海外FXでは異なる取引方法を採用しています。この違いについてここから詳しく説明していきます。

国内FXが採用している方法

国内FXが採用している方法は、基本的にDD方式と呼ばれるものです。この方法は以下の手法によって取引が実施されます。

  • トレーダー→FX業者→インターバンク

このような方法を採用しています。トレーダーが注文した内容は、1度FX業者に集約されます。そして、FX業者が認めた取引のみがインターバンクへ送信され、実際に取引されていくという形です。有名業者の外為オンラインでもこのように説明しています。

2020-09-28 (2)

ただ、この方法は透明性が全くありません。その理由として、FX業者が取引内容を確認し、問題なしと判断したものだけがインターバンクへ送信されるためです。つまり、FX業者が認めていない取引は成立しません。これは約定されないという意味です。

DD方式を採用している業者は、基本的に約定率が悪くスリッページも起こりやすい傾向にあります。また、不当に利益を出すような取引が認められない傾向が多く、利益を出しすぎると取引ができないといったトラブルも起こりやすくなります。

なお、海外FXの中にもDD方式を採用している業者があります。NDDと説明しているにもかかわらず、DD方式を実際には行っており、取引時に約定しない、リクオートが発生してレートが変わっているなどのトラブルが起きています。

DD方式のメリット

  • スプレッドが狭い

正直これ以外のメリットはありません。ただ、国内のFXは海外FXよりもスプレッドが狭く、手数料が削減できるのは事実です。

DD方式のデメリット

  • スキャルピング禁止のケースが多い
  • 約定拒否されるケースが目立つ
  • スリッページが起こりやすい
  • インジケーター利用不可
  • リクオートによるレート操作

これだけのデメリットがあります。透明性がないのは間違いありません。

国内FXはデメリットのが目立ちます!税金面でも海外FXの方が得することがあります。
海外FXの税金は高い?メリットデメリットを解説海外FXを利用した際の税金処理はどうなる? 税金の支払いや注意点を解説 海外FXで得た利益も、所得税として税金を納める必要が...

海外FXの取引方法

海外FXではNDD方式を採用しています。NDD方式にはSTP方式とECN方式が用意されていますが、基本的な取引方法は同じです。

NDD方式というのは、このような方法を利用して取引しています。

  • トレーダー→インターバンク

DD方式と異なるのは、FX業者を経由していない点です。つまり、トレーダーが流した注文はすべて通ることになります。これは約定拒否が発生しづらくなり、望んでいる取引がすべて実現されるというメリットに繋がります。

また、NDD方式はスリッページが起こりづらく、狙ったタイミングでの取引が可能となります。DD方式では何度も滑っていた状態から開放され、確実に狙ったところで注文できます。この約定力こそが海外FXの魅力となっているのです。

XMでも取引について以下の画像で表記しています。

2020-09-28

海外FXはインジケーターを利用して取引できるなど、NDD方式のほうがメリットは多くなっています。国内のFXに不満があるなら、海外FXに切り替えるといいでしょう。

NDD方式のメリット

  • インジケーターが利用可能
  • 約定力が高い
  • 約定拒否されるケースが少ない

NDD方式のデメリット

  • スプレッドが広い
  • 嘘をついている業者がある
  • 業者独自のルールが存在する

業者独自のルールは、海外FXのホームページ等で確認しておくといいでしょう。また、NDD方式と偽っている業者もいますので、情報は慎重に確認しておくように心がけてください。

海外FXの約定力は素晴らしいです!

国内のDD方式はノミ行為のオンパレード?

国内のDD方式ですが、ノミ行為が頻発しており使えるものではありません。ノミ行為というのは、具体的に以下の方法が存在します。

  • リクオートによるレート変更
  • スリッページによる約定タイミングのずれ
  • 約定拒否による利益縮小や損失拡大
  • ストップ狩りによるロスカット

このような行為が見られます。DD方式では、業者側が有利になるような取引が中心となるため、少しでも利益を出すための妨害工作が発生します。軽いものではスリッページ程度で済むものの、大きなものではリクオートや約定拒否があります。

また、ストップ狩りについては、FX業者が利益を出すために勝手な取引を行い、強制的にロスカットへ持っていくというものです。ヘッジファンドが行っている手法ではありますが、これを業者側が勝手にレート操作で行うことでトレーダーの損失を確定させ、FX業者の利益としていくのです。

こうした問題が発生しているDD方式は利用すべきでありません。海外FXでは採用していませんので、このような問題に遭遇しなくなるでしょう。

海外FXではNDD ECN口座を利用するとお得

海外FXのNDD方式ですが、STP方式ではスプレッドが広く、手数料による損失が大きくなってしまいます。そこで利用したいのがNDD ECN方式です。

2020-09-28 (1)

この画像はAXIORYのスタンダード口座とナノスプレッド口座を比較したものです。スタンダードがSTP方式に対して、ナノスプレッド口座はECN方式で取引されます。ECN方式はスプレッドがほぼなくなり、固定の手数料を支払うことで取引可能となるため、スキャルピングがしたい方にはとてもオススメです。

ECN方式のデメリットとして、ボーナスが使えない業者もあります。ただ、手数料を削減して取引できるという利点は非常に大きいため、ボーナスを使うつもりがなければECN方式を利用するといいでしょう。

オススメのECN口座をチェックしてください!

【スキャルピング大歓迎】スプレッドが鬼狭いスキャルピングにオススメな口座3選!XMのZERO口座はオススメ出来ない?海外FXで劇的に狭いスプレッド優良業者3選! アキシオリーとタイタンFXとトレードビューを比較 海外FXはスプレッドが国内F...

まとめ

国内FXはDD方式を採用し、トレーダーに損失を与えようとしているノミ業者が多くなっています。ノミ行為による損失を作りたくないのであれば、海外FXが採用しているNDD方式に切り替えるようにしましょう。

国内FXと同じような形で取引を希望する場合は、スプレッドが狭くなるECN方式を採用しましょう。約定力も非常に高く、安定した取引環境が得られます。

↓FXトレードで現実的に稼いで行きたいと思う方はこちらをチェック↓

【出金拒否なし?】安全性と信頼性で判断。海外FX歴8年の僕が「絶対にオススメ」できる4つのブローカーはこれ!海外FX歴7年の僕が「絶対的」にオススメする「海外FX業者4選」 日本のFXはレバレッジが低く、思っていた以上...
【ボーナス比較】海外FX30社以上使った僕が厳選する10社の特徴とボーナス詳細をまとめ【海外FX業者多すぎ問題】海外FX業者の魅力は高いレバレッジと豪華なボーナスかと思いますが、高額すぎるボーナスを出している業者は詐欺業者ばかりのため注意が必要です...
ABOUT ME
アモン
【週給100万達成】 工場勤務▶︎専業トレーダー転身▶︎小さな法人設立/人生で2回の無一文を経験/堅実に勝てる手法でルール通りトレードをします/「堅実に稼いでいく事が最大の近道」/ ↓Twitterにてリアルトレード履歴出しています↓
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です