iFOREX

iFOREX(アイフォレックス )のスプレッドの狭さが実は凄い。エリート口座申請を忘れずに!

実は最強の低スプレッド業者?

iFOREXのスプレッドを解説

海外FXでスプレッドの狭い業者は数多くありますが、その中でも一番狭い数字を実現している業者がiFOREXです。スプレッドを定期的に見直した結果、国内業者と同水準までスプレッドを狭めることに成功しています。

この記事では、iFOREXのスプレッドについて説明します。また、さらにスプレッドを狭くできる口座についても紹介します。

iFOREXのスプレッドは業界でもトップクラス

2020-06-02 (2)

iFOREXは、海外FXでもスプレッドの狭い業者です。スプレッドを狭くできる要因としては、iFOREXが20年以上に渡りサービスを提供し、利益を得られる環境をしっかり整えたためです。

サービスを提供する年数が長ければ長いほど、信頼性などによって利用するユーザーが増えます。こうして利用するユーザーが増えて生きたことで、iFOREXはスプレッドを狭くしても利益をしっかり出せる環境が整っています。

iFOREXでは、他の業者が利用している低スプレッド専用口座は用意されていません。いわゆるスタンダード口座のみが採用されていますが、スタンダードでも極限までスプレッドを狭くしています。その結果、海外FXでも一番スプレッド面で使いやすい業者となったのです。

iFOREXが提供しているスプレッドを他社と比較

iFOREXが狭いスプレッドでサービスを提供していると説明しましたが、実際にスプレッドはどれだけ狭くなっているのでしょうか。実際の数字をiFOREXと他社で比較してみました。

比較する銘柄は、ほぼすべての業者が扱っている以下の通貨ペアとなります。

  • 米ドル円
  • ユーロ円
  • ポンド円
  • 豪ドル円
  • NZドル円

米ドル円

FX業者を比較する際、最も重要視されている通貨ペアです。スプレッドが広ければ利用しづらいと判断される要因となります。一方でスプレッドが狭いのであれば、他の通貨ペアもスプレッドが。

iFOREX 0.7pips
AXIORY 1.3pips
XM 1.7pips
TitanFX 1.4pips
FXGT 1.6pips

この数字を見てもわかりますが、iFOREXは他社を大きくリードするスプレッドを実現しています。他社では1pipsを超えるスプレッドとなっているものの、iFOREXは1pipsを切るスプレッドでサービスを提供します。

日本国内の業者でも1pipsオーバーのスプレッドで提供する会社があります。こうした会社と比較しても、iFOREXのスプレッドは狭いと言えるでしょう。また、時間帯によってはさらにスプレッドが狭くなるケースもありますので、より取引しやすい状態が生まれる場合もあります。

スプレッドが狭すぎて驚いた方も多いじゃないんですか?( ̄▽ ̄)

ユーロ円

ユーロ円は米ドル円よりもスプレッドが広く作られています。値動きの激しさに加えて、米ドル円では見られないような展開が見られるため、利用者の中にはユーロ円を中心にトレードする場合もあります。

iFOREX 1.2pips
AXIORY 1.4pips
XM 2.5pips
TitanFX 1.8pips
FXGT 2.2pips

こちらもiFOREXが一番狭い数字を実現しています。XMとの比較では倍違いスプレッドとなっており、トレードしやすい業者と判断しやすいでしょう。

ポンド円

値動きの激しい通貨で、現在は利益を得るためにこちらのトレードを狙うユーザーも増えています。ただ、スプレッドが広がりやすい傾向もあるため、トレードの際はスプレッドに十分気を付ける必要があります。

iFOREX 2.3pips
AXIORY 1.7pips
XM 3.9pips
TitanFX 2.0pips
FXGT 3.5pips

こちらはAXIORYが一番狭い数字となっています。iFOREXはポンド円のスプレッドが少し広い業者となっていますので、ポンド円狙いであればAXIORYを利用したほうがいいかもしれません。次いでTitanFXが狭い業者となります。

【業者比較】アキシオリーのスプレッドは狭くて優秀!スキャルピングする人にオススメ!アキシオリーのスプレッドは狭い! 他社では実現できないほどのスプレッドの狭さが魅力 アキシオリーは「スプレッドが狭い会社」で...

豪ドル円

日本と近い時間で様々な経済指標が発表されるため、トレードしやすい通貨ペアの1つとなっています。証拠金を減らしてドルのトレードができるというメリットもあるため、トレーダーの中には積極的に狙うケースもあります。

iFOREX 2.8pips
AXIORY 1.7pips
XM 3.0pips
TitanFX 2.0pips
FXGT 3.0pips

こちらもAXIORYがトップクラスの狭さを実現しており、iFOREXは思ったほど狭いスプレッドを実現できていません。ただ、スプレッドが広がる傾向はあまりないため、iFOREXはスプレッドの安定性という部分では優れています。

NZドル円

豪ドル円と同じく低予算で取引ができる通貨ペアとなります。その一方で、スプレッドが広がりやすいというデメリットがあるため、トレードする業者は慎重に検討する必要があります。

iFOREX 3.0pips
AXIORY 1.9pips
XM 4.5pips
TitanFX 2.5pips
FXGT 3.0pips

こちらもAXIORYが明らかに狭い数字を実現しており、特別iFOREXが狭い業者ではありません。ただ、他社との差はそこまで広くないため、トレードしやすい傾向はあります。

ここまで比較してもわかる通り、米ドル円とユーロ円の2つはiFOREXがトップクラスの狭さを実現しています。一方で、メジャーと呼べる通貨ペアでもやや広いスプレッドがあるなど、スプレッドは通貨ペアによってかなり変わっている傾向があります。

アキシオリーの安定したスプレッドの狭さに驚きます!

iFOREXのスプレッドを狭くしているエリート口座とは?

iFOREXはスタンダード口座と一緒にエリート口座を提供しています。このエリート口座ですが、スプレッドがスタンダード口座よりも狭くなっており、トレードしやすい環境を作り出せる口座です。

エリート口座ですが、基本的にすべてのトレーダーが利用できます。特別な条件を満たさなければ利用できないといった問題はなく、誰でも希望すればエリート口座を手に入れられます。

2019年まではスタンダード口座のみが提供されていましたが、2019年の8月ごろからエリート口座の提供を優先するようになり、新規口座開設時にはエリート口座が提供されます。つまり、これから口座開設をする人はエリート口座が自動的に手に入ります。

一方で、現時点でスタンダード口座を利用しているユーザーは、問い合わせによってエリート口座への切り替えが必要です。

2020-08-03

このように、スタンダード口座を保有している人は、サポートに連絡して口座を変えてもらう必要があります。スタンダード口座はスプレッドが広いため、より狭いスプレッドとするためにもエリート口座を利用するように心がけましょう。

エリート口座じゃない人はすぐにサポートへお問い合わせしてください!

iFOREXのスプレッドは口コミでも高評価

iFOREXのスプレッドは、口コミでも高い評価がたくさんありました。

ここまで狭くしている業者はなかなかありません。米ドル円のトレードを検討する人は、メイン口座としてiFOREXを利用してもいいでしょう。

エリート口座に切り替えると、より低スプレッドでのトレードが可能です。現在はエリート口座が口座開設時に得られるため、敷居はかなり下がっていると言えます。

iFOREXのスプレッドは確かに狭いものの、一部の通貨ペアは他社のほうが狭くなっています。この違いをしっかり見極めて、トレードするか判断しなければなりません。

意外な銘柄でスプレッドが狭いケースもあります。WTI原油はiFOREXがトレード時のスプレッドが狭く、使いやすい傾向があります。

まとめ

iFOREXはスプレッドの狭い業者であり、米ドル円やユーロ円のスプレッドはかなり狭くなっています。特に米ドル円の数字は日本国内の業者と同水準にまで引き下げており、非常にトレードしやすい傾向があります。

米ドル円やユーロ円でトレードしたい人は、iFOREXを検討してもいいでしょう。一方で、他の通貨ペアをベースとしていく場合は、トレードする業者の情報を得ながら検討してください。

ABOUT ME
アモン
【週給100万達成】 工場勤務▶︎専業トレーダー転身▶︎小さな法人設立/人生で2回の無一文を経験/堅実に勝てる手法でルール通りトレードをします/「堅実に稼いでいく事が最大の近道」/ ↓Twitterにてリアルトレード履歴出しています↓
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です